初心者のためのインクジェット情報サイト

インクジェット出力ならではのデザイナースキル

インクジェット出力ならではのデザイナースキル デザインをする上で、イラストの色合いはとても重要です。特に気を付けたいのが、デザインの目的です。使う場所によって、イラストや文字の色を変える必要があります。パソコンを使ったデザインなら、気軽に何度でも色を変更することが可能です。自分の目で確認しながら、一番良い色合いを選ぶことが大切です。
パソコンで作成したイラストをプリントアウトするなら、データを作成する際に注意が必要になります。デザイナーにとって、いかに作成したデータをイメージ通りに出力できるかも重要なスキルの一つです。インクジェット出力の場合、何色のインクを使っているかを事前に確認しておきます。インクの種類によって、印刷された時の色味が異なってくるからです。データをパソコンで作成する際には、カラーモードに注意しなくてはいけません。
インクジェット出力で使われるインクが4色なら、カラーモードはCMYKにしておきます。CMYKはイラスト等を表示する際に使われている色を表しています。より多くのインクを使って出力可能なら、RGB形式がオススメです。RGBではCMYKで表すことができな蛍光に近い色を表現することもできます。デザイナーなら出力するプリンターの特性を考えてカラーモードを設定してデータを作ることが大切です。

インクジェット出力のデザイナー募集の探し方

インクジェット出力のデザイナー募集の探し方 インクジェット出力のデザイナーになりたいのであれば、まずは募集している企業を探す必要があります。求人を探すときには、求人サイトや人材紹介エージェント、企業のホームページなど、できる限り多くの媒体を活用して条件に合った企業を探し出すことが大切です。

仮にインクジェット出力のデザイナーの仕事が未経験の方であっても、求人サイトでは未経験可という条件で絞って検索することもできますので、未経験でも受け入れてくれる職場を見つけやすいです。人材紹介エージェントの場合は経験者向けの求人が多いですが、未経験可の求人がないわけではありませんので、未経験者であっても利用してみるとよいでしょう。広告やサイト上には掲載されていないような高待遇の未公開情報を紹介してもらえることもあります。

もし自分が就職したい企業が決まっているのなら、企業のホームページも必ずチェックしましょう。ホームページに採用情報を掲載していることもありますので、直接応募することで強くアピールすることができるはずです。

新着情報

◎2018/11/2

大きな看板も
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

多色使い・フルカラー対応
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

出力に使うソフト
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

デザイナースキル
の情報を更新しました。

◎2018/3/20

サイト公開しました

「インクジェット 出力 」
に関連するツイート
Twitter

出力ポスターのインクジェット大判カラープリント 1枚より goo.gl/7frpgg

Twitter印刷のオリジン・グラフィック★@ori_gra

返信 リツイート 昨日 23:12

【写真出力サービス】 インクジェットで写真の出力サービスしています。 A4サイズ600円。A3サイズ1200円。 gallery-knulp.biz/service.html

TwitterぎゃらりーKnulp【アートの街谷根千】@Gallery_Knulp

返信 リツイート 昨日 22:15

クライアントに印刷見本として色校正紙を渡す場合に望ましくない構成出力機は「インクジェットプルーフ」

Twitterグラフィックデザイン検定1級対策@GDkentei_1

返信 リツイート 昨日 20:39

また、インクジェットプリンタであれば、ソフトウェアRIPを組み合わせることで、PS出力を行っている現場も多いだろう。

Twitterカラーマネージメントルール@4macmat

返信 リツイート 昨日 19:45

RT @HirumaMiki: 急に寒くなり気がつけば12月。来年用カレンダーなんとか仕上がりました。今年も給水塔のオリジナルプリントx12、EPSONインクジェット最上位機種による出力です。納得の出来になりました。ご希望の方いらっしゃいましたら下記をご覧ください。 https…

また、この方法であれば、入力(ソース)プロファイルにターゲット(印刷)プロファイルを、出力(デスティネーション)プロファイルを指定することで、PostScript出力に対応していないインクジェットプリンタなどでも、プルーフの出力が可能になる。

Twitterカラーマネージメントルール@4macmat

返信 リツイート 昨日 15:05

印刷会社にわたす最終的な色見本はDDCPでの出力が推奨されているが、デザイン・制作の段階でのシミュレーションであれば、カラーマネージメント対応を謳ったレーザープリンタやインクジェットプリンタで十分。

Twitterカラーマネージメントルール@4macmat

返信 リツイート 昨日 13:06

また、PDFにしてしまえばカラーマネージメントしつつ非PostScriptプリンタからの出力も可能なので、安価なコンシューマ向けインクジェットプリンタでシミュレーションすることも可能になる。

Twitterカラーマネージメントルール@4macmat

返信 リツイート 昨日 13:02

(自動)溶剤インクジェット出力機でポスター・タペストリー・バナーを1枚から出力!また、大型看板や横断幕、懸垂幕なども製作可能です。UVラミネートやパネル貼りなど後加工も承ります。耐候性抜群の溶剤インクなので屋外での長期使用も安心です。

返信先:@curochou 縮小ー! インクジェット出力は明日試してみますー。インク切れた。 pic.twitter.com/O2yzlIgkUJ